2012年10月07日

私にとっての一番のカフェ

20121001cde.jpg"

大好きなカフェが、先月末にクローズしました。
カフェライターをやっていると、「1番おすすめのカフェはどこですか?」とよく聞かれるのだけど、これはなかなか答えづらい質問。
これまでのカフェ連載で取材させていただいたのは、事前に訪れ、魅力的だな、いろんな方に紹介したいな、と思ったお店だけ。
心から自信をもってオススメできるお店ばかりだから、1番を決めることなんてとても出来ないっ!というのが本当のところ。
それに、個人がやっている小さなカフェは、お店とお客との相性があるから、その人のことを分かっていないとおすすめしづらいっていうのもあるし。

という訳で「1番おすすめのカフェ」を選ぶのはとても難しいけど、「私にとって1番のカフェ」はあります。
オープン当初からかれこれ7、8年通っている、大切な場所。
多分私情が入りすぎてしまってまとまらないから、取材をお願いしたことはありません。

何を頼んでもおいしくて(特にオリジナルブレンドのコーヒーが大好き)、原材料や道具にもこだわっていて、ここなら最初に出てくるお水も安心して飲める。
集まる常連さんたちもみんなおもしろくて気持ちのいい人達ばかり。
席間が確保されていていつも落ち着いた雰囲気だから、仕事も打ち合わせも大切な話しも出来る。
そしてなんといってもオーナーさんの人柄がとてもすてき。
研究熱心で、思いやりが深く、クールに見えてユーモアもたっぷり。
行く度に癒され、清々しい気持ちになれる。

他にも1番の理由はたくさんあるけれど、とにかく私が一番落ち着けて、一番安心できるカフェだった。
これからどうしようと、途方に暮れちゃうなあ。。。

オーナーさんは今後沖縄に移住し、1年後くらいに沖縄でカフェを再開するそうです。
最初に聞いたときは、お店のシックな雰囲気と沖縄とが結びつかずにびっくりしたけれど(笑)、沖縄でも独自の姿勢を貫いてきっときっと愛されるカフェになるんだろうな。
新しいことにチャレンジする姿勢も、やっぱり素敵だなあと改めて思ったり。

気軽に行ける場所ではないけれど、必ず沖縄店にも通おう。
Cafe Douce Ebisに、心からの感謝を。
posted by atelier mel at 10:13| カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする